equus

equus

祥伝社 2011.5.5 (on BLUE collection) ISBN978-4-396-78303-7
imageBL度高

【ケンタウロス】ギリシア神話に登場する、上半身が人間で下半身が馬の種族。寿命は数百年に及ぶ。
ケンタウロスと人間たちは……日本の大学では誰よりも普通の恋をし、平安末期の武家社会では主従関係を結び、
西欧の悪趣味な館では奴隷と主人となった──。
さまざまな時代と国で交わされる、切なく扇情的な異種恋愛譚8編を収録。

■初出誌
※同人誌『equus』シリーズを大幅加筆修正
Dun Black(19p)…「equus/tres」2010.8.15
Chestnut(8p)…「Equus」2009.8.16
Black and White(12p)…「Equus」2009.8.16
Leopard(21p)…「equus/duo」2009.12.30
Gray(38p)…「えくうす 四」2010.12.30
Bay Silver 1(16p)…「Equus」2009.8.16
Bay Silver 2(15p)…「equus/duo」2009.12.30
Bay Silver 3(24p)…描き下ろし

ケンタウロスを描きたくて『equus』というシリーズ名で同人誌で発表したものに加筆修正、及び追加書き下ろしを行い、『FEEL YOUNG』のBL版ともいうべき『onBLUE』という雑誌のシリーズとしてメジャー発売された。「はたらけ!ケンタウロス」と双璧をなすケンタウロスシリーズだが、「はたらけ!」よりぐっとBL色が濃くなりエロスが前面に出て、せつない度が増している。すべて人間とケンタウロスの交流を描いた作品である点は「ケンタウロス」と同様。

Dun Black
日本の大学生のケンタウロスが仲間とキャンプに行く話。まず、ケンタウロスが長寿命であることが告げられる。見た目は大学生なのに、50歳くらいという青年は、大学の仲間と普通にキャンプに行き、バーベキューをする。人間とごく普通に友達にもなるが、寿命が長く、人間の方が先に死んでしまうことがつらくて人間に寄らなかったり、わざと忘れてしまおうとするケンタウロスもいる。だが、今はともかく友達だ。この導入部は軽いBL。

Chestnut
少年時代からの友人であるケンタウロスと人間が成長して子供の頃の約束を果たす。ケンタウロスの走るスピードは思いの外早いらしい。

Black and White
ケンタウロス2人に挟まれる男の性愛のお話。BL度高い。

Leopard
羊飼いの少年と戦場へおもむくケンタウロスの絆を描いた作品。近代の戦争に向かう途中の西欧を思わせる。

Gray
平安末期の武士と彼を育てたケンタウロス(春駒)の主従関係を描く。日本にもケンタウロスはいた。

Bay Silver
“Bay Silver” 3部作は西欧の悪趣味な館での美しい奴隷のケンタウロスと若主人の歪んだ愛が描かれる。ケンタウロスにもさまざまな種があるらしいことがわかる。最も切ないラブ・ストーリー。

最初は「はたらけ」より先に開始されたシリーズで、その後は同時期に描かれている。同人誌だけに商業誌より思う存分なところがあるのだろう。一方で線は荒い、が、こちらの方が奔放な感じがして、それはそれでいいなと思う。

「エクウス」というタイトルはもちろんピーター・シェーファーの「エクウス」から来ているのだろう。馬の学名である。精神分析は登場しないが、白い馬と少年のエロチックなムード満載の映画をおぼろげに覚えている。

装丁が非常に美しい。金箔でお金がかかっている。