えくうす 七

えくうす 七

VOSTOK 2016.12.30 34p 500円

大学の日本中世史の講師はケンタウロスで、しかも応仁の乱の頃の生まれ。関ヶ原や大阪の乱で出陣したと言います。それも真田幸村の家臣として。本人は「人を斬るのが苦手で伝令に志願した」とのことですが…。

「えくうす」シリーズの7となっていますが、これはちょっとえすとえむ先生の勘違いで、前回の冬コミで出した「Love that dose not begin」にケンタウロスは登場するのですが、「えくうす」シリーズとは銘打ってないのです。しかし気づいた時にはもう「7」と入れて刷ってしまった、とのこと。というわけで、「Love that dose not begin」は「えくうす6」ということで良いのではないかと思います。

「えくうす」シリーズで武士が登場するのは初めてではありません。ですが今回は平成28年度大河ドラマの「真田丸」の影響が大きいかと思われます。途方もなく長寿のケンタウロスが戦国時代を体験していて、現代の大学で日本史を教えていたら、すごく臨場感があって楽しいでしょうね。

2016年12月30日のコミックマーケット91にて発行。