Profile

1981年4月2日生まれ。血液型A型。「えすと」が名字で「えむ」が名前とのこと。本名のイニシャル「M.S.」がその由来。

東京都立芸術高等学校美術科入学。在学時は日本画を学ぶ一方、漫研の部長を務めていた。同級生に河内遙、武嶌波、後輩に竹内佐千子など。
母は大学で染色を教えており、美大へ進むものと思っていた。美大受験を試みるが、失敗。卒業後、NGO主催の南太平洋の国々をまわる船旅(ピースボート)に参加。その出発前に描いて投稿しておいた作品が「アフタヌーン四季賞」佳作をとる。

2001年、京都精華大学芸術学部マンガ学科ストーリーマンガ専攻に入学。芸術学部マンガ学科としては2期生だった。同大学で教員を務める竹宮惠子氏の教え子で、在学中、竹宮のもとでアシスタントを初体験した。大学在学時には商業誌に投稿はせず、同人や学内での創作に専念。
2005年3月、京都精華大学芸術学部マンガ学科ストーリーマンガ専攻卒

大学院在学中の2006年4月、『年の差カタログ』に掲載された“Rockin’ in my head”で商業誌デビュー。2006年9月に単行本「ショーが跳ねたら逢いましょう」が刊行されている。公式にはこちらでデビューとされている。

京都精華大学時代の恩師のマット・ソーン氏により翻訳された「愚か者は赤を嫌う」のほか、「ショーが跳ねたら逢いましょう」「エイジ・コールド・ブルー」が海外で販売されている。

同人誌とBL系の商業誌に書き続けていたが、2008年年末頃「FEEL YOUNG」にて連載を開始し、一般女性誌に進出。2011年6月、小学館『IKKI』に連載を開始し、青年誌に進出している。

スペイン、イタリア、トルコなど、ヨーロッパを精力的に旅している。2009年にはスペインに留学した。

※参考
武嶌 波の公式サイト(生年の出典)
・「ぱふ」2007年7月号、2010年11月号、「onBLUE」vol.2
Matt Thorn Returns to Translation(2009.2.17)